はっぴを着ると一体感が増すけど通販でどうやって買うの?

祭りではっぴを着ることの高揚感と一体感

例えば医者が白衣を着るように、学校生徒がその学校の制服を着るように、纏う衣装には外見的な役割がある。
白衣を着ていれば医者だとわかりやすいし、制服を着ていれば学生とわかる。

同時に、纏う本人にも内面的な効果がある。
それに属する、そして役割を背負う、という効果だ。

祭りの法被も同じことが言える。

法被を着て、頭にはねじりはちまきを巻くと、気持ちが冴えていく。
伝統である祭りに参加する、担ぎ手になる。
同じく法被を着た人達は、共通の目的の元に集まった同志達だ。

法被はそれを纏った人達を、特別な親しみやすさで呼び、集め、一つにしていく。
一人では決して味わえない高揚感が、人から人に伝染して、広がり高めていく。
一体感を、繋がる喜びを分かち合う。

重い神輿を肩に担いで上げると、負荷に思わず顔をしかめる。
神輿の重さは簡単に人を押し潰してしまう程のものだと、肩の重さが証明している。担ぎ手には緊張感が走る。
しかし、見回せば揃いの法被を纏う仲間たちがいる。心強い、一人じゃないと教えてくれる。
だからこそ自分も、手を抜かず、踏ん張ろうと思えるのだ。

法被で同志達との結束を強める。同時に、「祭りの担い手」の責任感と高揚感を高める。
祭りには法被を着て、人との繋がりや結束、やりがいを大いに感じたい。

NOTICE

祭りではっぴを着ることの高揚感と一体感

例えば医者が白衣を着るように、学校生徒がその学校の制服を着るように、纏う衣装には外見的な役割がある。白衣を着ていれば医者だとわかりやすいし、制服を着ていれば学生とわかる。同時に、纏う本人にも内面的な効果がある。それに属する、そして役割を背負う、という効果だ。…

More

地域をつなぐ役割も果たすはっぴ

最近は隣の人の顔もわからないなどという地域も多く、人と人とのつながりが希薄になってきています。普段の生活ではそれで問題なくても、いざ災害などが起こると地域のつながりができているかどうかということが大きなポイントとなってきます。そういった地域住民をつなぐためには、イベントや活動を通してコミュニケーション…

More

はっぴを着て遠くのお祭りへ行こう

お祭りって、楽しいですよね。とくに、法被を着て、お祭りに出かけると、ほんとうに楽しいですよね。最近では、ツーリングなどをしながら、遠出をして、遠くのお祭りに、参加するのが、アツイらしいですよ。東北や、九州、四国、などなど、お祭りは、全国で、毎週のように、行われています。…

More

スーパーのイベントにもはっぴ

私が最初に法被を買ったのは、子供会の役をやっていた時で、地域のお祭りの時でした。子供の分と自分のを買いました。値段はそんなに高くなかったと思います。子供たちは喜んで着ていてとても可愛かったです。大人も役の方は法被を着ていましたね。法被といえば、お祭り!という感じですがお祭りだけ…

More